バイマで稼ぐ

主婦がBUYMA(バイマ)を続けるためにすること

在宅ワークとしてのBUYMA

私が家で働くことを初めたのが2013年。

座椅子に浅~く座って
寝ている0歳の次女をお腹の上に乗せて
どでかくて重いノートパソコンを
コタツの枠と自分の足に引っ掛けて
やっと見つけた仕事がebayでした。
(子供を持つ母親なら想像できるはず笑)

ebayが良かったのではなくて
たまたま見つけたのがebayだったんですよね。

このブログを読んでいる方も

BUYMAをしたくてBUYMAを始めたわけでは
ないのではないでしょうか?

 

まだBUYMAを始めていなかったとしたら
BUYMAがしたくてBUYMAを検討している人は
いないのではないでしょうか?

 

自分の力で収入を得たい!とか
家で働けたら!とか

そうやって検索した先に
たまたまBUYMAがあったからではないですか?

 

BUYMAで主婦が薄利多売で利益を出す理由

BUYMAを始めて
最初にやっていたのが薄利多売。

どのショッパーよりも1円でも安く出品する、
という薄利多売という手法。

同じ手法でやっているライバルはわんさかいたので
(今思えば同じコミュニティ内で戦っていたと思う・・・)
毎日、もしくは1日に2回、1円でも安い価格に変更していました。

しんどいんですよね・・

 

でも、
私含め、多くの主婦がそれで結果を出していました。

100万円という利益報告も聞いていたし
50万円も結構いた
10万円なんてめちゃくちゃいた

薄利多売はビジネス的にはアウトです。

短期的に得られる収入であっても
長期的には難しいと思っています。

 

ただ、
主婦にはとっかかりやすい方法なんですよね。

いわゆるペルソナと言われる
ターゲット層のもっと細かい設定は
自分に近い人物で、

価格帯も1万円弱ですし
同じ商品なら1円でも安く買いたい

と思う普通の主婦をターゲットにした売り方。

 

そして何より

考える必要がない

というのが
利益を出しやすかったんだと思う。

 

誤解を恐れずに言うと

薄利多売はビジネスじゃないです。

 

仕入に工夫をするわけでもなく
誰でも(何ならお客様でも)仕入れられる価格で
誰よりも安い価格で販売できる商品を探して
出品後はひたすら最安値をキープ。

ここに何ら思考はありません。

作業量だけです。

 

逆に言うと

作業量さえキープできれば
この薄利多売出稼ぎ続けることはできると思う。

100万円、50万円と利益を上げていた主婦たちが
どんどんやめていったのは
続けられなかったからです。

作業量だけでは。

 

どんどん新しいショッパーが
同じ方法で攻めてきます。

「利益数百円で出してない!?」

って思うショッパーは
仕入れに工夫があるわけでもなく
本当に数百円の利益でもほしくてやっていることもあります。

バイマを続けたいなら考えよう

以前にもお伝えしたように

何か始める時、
その瞬間が一番熱量が高いはずで、
その最初に行動できないならその後にも行動できることはない

と思っているので

必然的に新しいショッパーさんが
熱量高く作業されていて追われる立場になります。

 

どんどん入ってくる新しいショッパーさんと
同じ熱量で作業できたら
続けられるのかもしれません・・

そうでなければ、

【考える】

って大事だと思っています。

 

抽象的な表現・・

と思われるかもしれませんが

再現性の高いビジネスって
長く続けられないってことじゃないでしょうか?

 

薄利多売からでもいい

考えないところからでもいい

とりあえず出品するところからでいい

 

そこから【考えて】
【自分で稼ぐ力を身につける】ことを
していきたいと私は思っているし

講座を受けてくださるみなさんにも
そうであってほしいと思って接しています。

合わせて読んでほしい記事

-バイマで稼ぐ
-, , , , , , ,

© 2021 主婦もママも私も諦めない起業