また一日が始まった‥と毎朝思ってた

✔なんだかいつもイライラする
✔社会に置いていかれたような気がする
✔自分に自信がない
✔自由に使えるお金がほしい
✔子育てに疲れた
✔毎晩寝る前には一人反省会して落ち込む

これ、全部過去の私の話です。

毎日何かにイライラして、子供たちにあたって、
子供の寝顔を見ながら「ごめんね」という日々。

こんな毎日が嫌だったんです。
子どもたちが寝ている間にギュッとするんじゃなくて
起きている間にギューッとしてあげたい。
「余裕がほしい。」
そう思っていました。

子どもたちと過ごす時間を楽しみたい!

金銭的にも心にも
余裕もほしかったから
家で働けるバイマをはじめました。

こんなはずじゃなかった…

✔とにかく忙しい
✔ずっとパソコンに向かっている
✔子どもの目を見て話が聞いてあげられない
✔まだイライラしてしまう
✔疲れた・・

バイマで起業して
ありがたいことに売上が伸びました!

最初はよかったんです。
お客さんに「ありがとう」って言ってもらえることも
金銭的な余裕ができていたことも!

ただ、その頃の私は
利益を伸ばすことだけに集中してしまっていました・・

家族との時間を楽しみたくて、
家族も私もみんながハッピーになるために始めたバイマだったのに
金銭的な余裕はできても

心の余裕は全くありませんでした。

ずっとパソコンを見ていて
家族と出かける時間も削っていて
出かけたとしてもスマホばかり見ていて
子供たちの話も目を見て聞いてあげられていなかったんです。

とにかく、忙しすぎた。

これは私の望んでいるライフスタイルじゃない。
働き方を変えなければと思いました。

 

 

主婦が本業、起業は副業

私は主婦。
家族に「いってらっしゃい」と「おかえり」を言える、
家庭優先で働く在宅ワーク
が私のスタイルです。

利益を追いかけるのではなく
理想のライフスタイルを作ることを重視しています。

 

月商7桁なんてどうでもいい

 

50万円達成!100万円達成!月商7桁!

そんなことはどうでもいいんです。
どんなに稼げていても
自分が思い描いたライフスタイルに近づけなければ意味がない。

どんな暮らしがしたい?
どんなママでしたい?
どんな自分でいたい?

利益額を目標にするのではなく
”なりたい自分”を目標にしてみませんか?

自分が理想とするライフスタイルで
どれくらいがんばれるのか
自分の時給をどこまであげられるのか

これこそが
専業主婦が自分を好きになる方法です。

 

ななえ
専業主婦起業家

 母子家庭で育ちました。

母は良くも悪くも自分の人生を優先していて、
子供の頃の私はとても寂しかったです。

結婚式での母親への手紙では
「ずっと寂しかった」
としか言えなかったほどです。

母親にも人生を楽しむ権利はあります。

ただ…
私の子供には、
私が子供の頃に感じてきた寂しさを感じさせたくない
とずっと思ってきました。

だって子供にも子供の人生があるから。
母親は私1人だけで
そしてまだ、子供は1人では生きられないんだから。

 

それでも「私の人生」も諦めたくない。

起業して、
家庭優先で働けるようになったら
心に余裕ができました。

主婦が本業、バイマは副業。

私の起業のカタチは、主婦業優先の完全在宅です。

プロフィール

 

2019年10月5日

Copyright© 主婦もママも私も諦めない起業 , 2020 All Rights Reserved.