バイマで稼ぐ リサーチ、分析 主婦起業のためのマインド 仕入れ 失敗しない主婦起業

主婦がBUYMAで利益率と時給を上げるには?

メルマガ読者さんたちとお話していて、

家事に育児に、まとまった時間が取りづらい主婦起業では
やっぱり「利益率と自分の時給を上げること」って大事だなと思いました。

今回は私が実践している方法をお伝えします。

主婦起業で心の安定を保つために必要なこと

午後お話した方は海外在住の方でしたが
BUYMAを始めて2ヶ月経たないくらい
既に受注を6件獲得されているという(๑°ㅁ°๑)

利益率も20%ほどあるというΣ(‘ω’ノ)ノ

ななえ
私がBUYMAを始めたころってどうだったっけ・・・・
と当時の管理表を見てみると
初月で6件売ってました^^
え?私ってすごいんじゃない?(笑)

当初の利益率

15.07%
15.07%
14.91%
15.07%
2.74%
24.12%

5つ目を除けば悪くない^^

これは
比較的安価な商品を扱っていた頃です。

ハイブランドを扱い出してからの管理表を見ると

売れ始めたのは2ヶ月目
5件販売。

ハイブランドに移ってからの利益率

7.39%
22.74%
10.02%
10.02%
2.97%

低いのが多いっ( ⊙⊙)!!
これは利益率のこと全く考えずに活動していた時ですね。。

ハイブランドは単価が高いので
1品あたりの利益額は大きいですが
利益率が高いかというと
そうでもないこともあります。

1品で15万円!

とか、

たった3品で50万円の利益!

とか。

目立つ数字の謳い文句に心を奪われることもあります
それが毎回か
というと・・・

私の場合は
毎回ではありません(;・∀・)

 

心の安定を計るために

  • 利益率を上げること
  • 自分の時給を上げること

これらを私は考えてきたんですが、

ハイブランド
を扱うことの1番のメリット
「時給が上がる」
ことではないかなと感じています。

利益率を上げることと、時給を上げることは別

売れていくには
それなりの作業量は必要になる
ってことは低価格帯と変わりませんが、

価格で選ばない顧客層がいる
ハイブランドだから

周りのどのショッパーよりも安く設定する
価格調整という作業最安値追い)
在庫確認という作業必要なくなる
(戦略や買い付け先によっては必要なこともある)

この2つがないだけで
作業量はぐっと減る(=時給が上がる)
ってことを
私自身、感じました。

ただ、利益率を上げることは難しいな
といまだに感じていて

それは
ハイブランド
知名度の高い大きな企業なので
小さくやっている私が
「私だけの仕入先」をそこで作るのは難易度高いんですね

セレクトショップのVIP割
直営店直送など

ネット上で無料で得られる情報そのままでは
「私だけの仕入先」にはなりづらいです。

そこから一歩先、
少しひねって他の人がやってないところに進んで行くことで
「私だけの」が獲得できるんですね。

まずは得た情報を実践してみる
そしてその先にできることを探して実践するってことです。

「私だけの」何かがあると、利益率も時給も上げられる

私が昨日お話しした、
BUYMAのメルマガに返信していたのも
その「実践する」の1つでした。

BUYMAからのメルマガ活用法

いつかの コンサル生さんたちのZOOM会で 「BUYMAからのメルマガ活用法」 について質問があがったことがあります。 ...

続きを見る

収穫としては、
私の名前を覚えてくれるところまでにはなった
ということでしょうか。
(もう忘れられてそう・・

大きくプッシュしてくれたこともあって
私の最高月商が360万円なのですが(物販のみ)
それも事務局のプッシュのおかげでした。


話がそれましたが、

低価格帯の商品=最安値追い=悪
といわけでなくて

低価格帯ブランド
比較的まだ小さく営業しているところも多く
私のような個人でも割引や卸しをくれる可能性が高い
というメリットもあります。

安い価格のページから売れる傾向になる価格帯商品なので
価格調整在庫確認が必要になることは多いです。

ただ、安く買い付けられる仕入先があれば
薄利多売に見える販売額でも、実は利益40%あります
なんてことも起きてくるんですね。

こうなると
「必死に毎日、もしくは1日2回
最安値更新する価格調整をしなければ」
という
自分が自分にかける謎の脅迫からは開放されます。
(最安値追いやってた人なら分かる表現w)

ななえ
そうなれば、 利益率自分の時給上がります

冒頭にお話した6件売った方は
そういう仕入先から買い付けていらしたんですね。

ご本人は自覚されていなかったけど
お話伺っていると
誰もが仕入れられるところではなかったので
「彼女だけの」ではないにしても
「限られた人だけの仕入先」でした。

「私だけの」というと
世界に私しか仕入れられないって
結構ハードル高く感じますよね。

だけど、
「限られた人だけの」と言い換えると
どうですか?

まとめ

今回は

割引や卸しをもらうことだけが
自分の強みになるわけではない

ということが言いたかったのです。

なんとなくでも
伝わったらうれしいです(*´▽`*)❀

合わせて読んでほしい記事

-バイマで稼ぐ, リサーチ、分析, 主婦起業のためのマインド, 仕入れ, 失敗しない主婦起業
-, , , , , , , , ,

© 2021 主婦もママも私も諦めない起業